ピルより安全なエストロゲンを増やすサプリで更年期の症状を改善

エストロゲン増やす サプリ

更年期に抜群に効果が出るのはピル、しかし・・・

エストロゲンを増やすならピルが一番早く効果が出ますが、その分リスクを伴います。

よって、更年期の症状が軽度の場合や初期の場合はリスクの高いピルよりエストロゲンを増やすサプリの方が安全で効果的です。

 

【大豆イソフラボン配合】エストロゲンを増やすサプリ

小林製薬エクオール




 

オススメポイント はじめやすいお試し価格に加え継続しやすい価格
命の母の小林製薬が出した大豆イソフラボンに特化した更年期サプリ
気になるところ 特になし

 




 

 

キッコーマンからだ想い



 

オススメポイント 始め易いお試し価格で継続しやすい価格
醤油メーカー大手キッコーマンが販売元という安心感
気になるところ 特になし



 

【プエラリア配合】エストロゲンを増やすサプリ

 

レディーズプエラリア99%+



 

オススメポイント プエラリアの中でも最高級の品質プエラリア・ミリフィカを99%配合
気になるところ 高品質なだけあって価格が他の更年期サプリに比べると高い



 

ベルタプエラリア


 

オススメポイント この価格で高品質・高濃度のプエラリア配合サプリは他になし
気になるところ 更年期サプリでなくバストアップサプリなので信用に欠けるかも?

 


 

【漢方配合】エストロゲンを増やすサプリ

 

熟成発酵美容ドリンク【白井田七。かめ】



 

オススメポイント 15日間の返金保障あり
気になるところ 高麗人参とエストロゲンの増加が結びつかない人が多いかも?



更年期サプリの特徴

更年期サプリはピルと異なり、体に安全な成分で作られているので安心です。
そんな更年期サプリも大きく2タイプに分かれます。

【減ったエストロゲンをサプリで補う方法】

加齢で分泌が減ったエストロゲンの代わりに植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)を摂取して更年期の症状を抑えます。

【エストロゲンの分泌を促す方法】

加齢で分泌が減ったエストロゲンを漢方やハーブの力を使ってエストロゲンの分泌を促して更年期の症状を抑えます。


どちらも、安全に更年期の症状を軽減する効果が期待できますので、あなたの症状に合わせてエストロゲンを増やす更年期サプリを選べます。

減ったエストロゲンを補充するタイプの更年期サプリの選び方

加齢で分泌が減った女性ホルモンを、エストロゲンと似たような効果の期待できる植物性エストロゲンで摂取する方法はピルより安全です。

植物性エストロゲンの中で最も有名なのが、大豆イソフラボンです。
しかし、大豆イソフラボンより植物性エストロゲンの量が多いので注目されているのが、プエラリアミリフィカです。

 

プエラリアミリフィカといえば、バストアップにかかせない成分です。
バストアップとエストロゲンの関係は密接ですので、プエラリアはバストアップ効果があるほどエストロゲンと近い働きがあるのです。

 

以前は、更年期サプリと言えばイソフラボンが主成分の商品が多かったのですが最近では、プエラリアミリフィカを主成分とした更年期サプリメントの方がよりエストロゲンを増やす効果が高いとされ人気です。

 

エストロゲンの働き

エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで、別名卵胞ホルモンとも呼ばれれています。

脳の下垂体から分泌されるエストロゲンは、卵子を包んでいる卵胞という細胞にはたらきかけ、成熟した卵子へと育てていき、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい状態へと導く役割を担っています。

 

また、自律神経や脳の働きのバランスを整えたり、骨の形成や血管収縮を抑制すること、女性らしい体型をつくること、髪の毛や肌を艶やかに保つなどもエストロゲンの働きによってつくられているものです。
エストロゲンは生理の終盤頃から分泌量が増えて、排卵日直前にピークとなります。

 

そして生理が始まる頃に分泌量が減少します。
つまり、生理周期によって分泌量の増減を繰り返し行っているというわけです。
しかし、妊娠・出産の適齢期を過ぎ、卵胞の数が減少する40歳前後から分泌量は大幅に減少します。

 

この頃になると、エストロゲンが働きかけていた機能が低下してしまうため、更年期障害の症状が現われてしまうようになるのです。
このようにエストロゲンは女性のからだの機能や健康に大きく影響を及ぼす重要な働きをしているホルモンなのです。

 

 

更年期と様々なエストロゲンなどのホルモンバランス

 

女性の身体というのは年齢とともに変化していきます。

よく7の倍数でといいますが、目安として7歳、14歳、21歳、28歳、35歳、・・・とどんどんターニングポイントが訪れるようです。

 

14歳前後で生理が始まり(最近はもう少し早めですけれど)21から28の間で出産、35くらいから老いを感じ・・と東洋医学ではよく説明されています。
この女性のからだをコントロールしている女性ホルモンがエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンなんです。

 

ただ、ホルモンバランスの乱れとよく言いますが、これはこの二つの女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンであるテストステロンや副腎皮質ホルモンや甲状腺ホルモン、私たちの身体のなかの様々なホルモンが全体的に崩れてしまっている状態を言います。

 

更年期障害のホルモンバランスの乱れを判断する場合は女性ホルモンのなかのエストロゲンが不足してしまっているかどうかで判断するようです。
エストロゲンが卵巣で作られて月経などを引き起こしたりする子宮にかかわりがある女性ホルモンだからといわれています。

 

様々なホルモンは自律神経と深いかかわりあいを持っているため、更年期の症状は自律神経失調症のような症状が出るのです。

 

エストロゲンを増やす漢方

更年期障害は年齢と共にエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少したことによって引き起こされるさまざまな症状であるというとは広く知られるようになってきました。

 

また、年齢に関係なく、環境の変化やストレス、食生活などによってホルモンバランスが乱れることもあります。

 

女性ホルモンの分泌減少にはエストロゲンを増やすホルモン補充療法で注射やエストロゲンを増やす内服薬などによる治療を行うことがありますが、軽度の場合にはエストロゲンを増やす方法として漢方を使ってみてはどうでしょうか?

 

例えば桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)はのぼせや頭痛などの身体症状や不安、不眠などに効果がある漢方薬です。

 

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)は頭痛やめまい、耳鳴り、手足の冷えなどの改善に効果があるとされています。
加味逍遙散(カミショウヨウサン)の場合は、不眠、不安、イライラなどの症状や肩こりやめまいなどの症状改善に効果を示します。

 

温経湯(ウンケイトウ)は手足のほてりや唇の渇き、不眠や神経症などに使用されます。

 

これらの漢方は一人一人の心とからだの症状に合わせた概念である証に基づいて使用することが大切なので、直接的にエストロゲンを増やす訳ではありません。
専門家や医師に相談して使用を開始しましょうね。

 

エストロゲンを増やすツボ

 

人間のからだには361ヶ所のツボがあるといわれ、それぞれのツボを刺激することによって、症状を緩和したり健康に過ごすことができる作用をもたらすとされています。

 

そしてそれらのツボの中にはもちろん、女性ホルモンの分泌に効果を示すエストロゲンを増やすツボも存在しています。
エストロゲンを増やすツボを押す際には、痛いけど気持ちいいと思える強さを意識しましょう。

 

そしてエストロゲンを増やすのに大切なのは呼吸です。

 

息を吐きながら3〜5秒間エストロゲンを増やすツボを押して息を吸いながら3〜5秒間力を抜くということを5〜10回程繰り返します。

 

次は、エストロゲンを増やすツボの場所です。
壇中(だんちゅう)は、両方の乳首を結んだ線の真ん中から指一本分くらい下にある部分にあります。

 

中院(ちゅうかん)はおへそから指4本分上あたり、おへそとみぞおちの真ん中あたりにあります。
渕腋(えんえき)は両方の乳首を結んだ線を外側に延長した脇の下と交差する部分にあります。
これらのツボは入浴後や寝る前のリラックスした時間にゆっくりと押すとエストロゲンを増やす働きをします。

更年期とエストロゲンの関係

女性が女性らしくいられるのはエストロゲンのおかげです。
コシがある豊富な毛髪、柔らかい肌、バストの膨らみ、ウエストのくびれ、ふくよかなお尻など男性にはない女性らしい肌や体つきはすべて女性ホルモンであるエストロゲンからもたらされています。

 

しかし、加齢によりエストロゲンの分泌量が減ってくると、髪のツヤ・コシがなくなり、肌がゴワゴワ・シワシワになり、バストが萎み、ウエストが消え去り、お尻が垂れ下がる、女性らしさが消えていきます。
よって、私たちが女性らしくいるためには、少しでも長くエストロゲンの分泌を継続するいや、エストロゲンを増やす必要があります。

 

ところで、エストロゲンは卵巣から分泌されるのですが、卵巣に分泌を促すのは脳の視床下部の役目です。

ところが加齢が進むにつれ、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が脳が指示する量を減ってきます。
すると脳が信号を送っても送っても卵巣から満足するエストロゲンが分泌されないため、徐々に混乱をきたします。

 

その結果、視床下部は自律神経を動かす中枢としての役割があることから、自律神経に乱れが生じ始めます。
この自律神経の乱れが、更年期の様々な症状をもたらします。

 

ですから、更年期の症状として特徴的なのは、自律神経失調症と同じような症状が出るのです。

 

ただ、自律神経失調症の場合は薬剤で治療を行いますが、更年期の場合はエストロゲンを増やすホルモン治療で症状が改善していきます。
それでも、重度な症状が出た場合は自律神経失調所と同じような薬剤が投与されて治療を行います。

 

エストロゲンを増やす更年期の治療ってどんなの?

 

更年期障害で病院を受診して更年期障害だと診断された場合にはいろいろなケアをしていきます。
生理の周期か閉経の有無、時期、症状、飲んでいる薬などを問診したり、超音波検査や血液検査をして総合的に更年期障害であるかを診察していきます。

 

その結果更年期障害である場合は治療を行っていくのですが、まず最初にするのはほとんどがHRTと省略されるエストロゲンを増やすホルモン補充療法です。

 

エストロゲンを増やす注射やパッチ剤(皮膚に直接はっていく張り薬のこと)やエストロゲンを増やす飲み薬、エストロゲンを増やす塗り薬などの服用します。
しかし、エストロゲンだけだと今度は子宮がんになる可能性が高まってしまうために一緒にプロゲステロンという女性ホルモンも投与していきます。

 

また、エストロゲンを増やすホルモン療法ができない方などにはエストロゲンを増やす漢方療法を行う場合もあります。
エストロゲンを増やす漢方療法の場合は医師が患者の状態を観察し、そこから東洋医学独特の「気」「血」「水」といった生体エネルギーの状態を見て、そのバランスを整えるような漢方を処方していきます。

エストロゲンを増やす更年期サプリのメリット

年齢を重ねるとからだの機能は落ちていくものですが、更年期障害による日常生活に支障が出るほどのからだの痛みや不安感、イライラ、気分の落ち込みなどのメンタルの変化はつらいものです。
更年期障害の症状や度合いは個人によって異なります。

 

当然、病院に行って卵巣機能やホルモンバランスなどを検査してもらうことも大切ですが、更年期サプリメントを使ってエストロゲンを増やす方法もあります。
サプリメントであれば、受診の手間もなく、自分のタイミングに合わせて飲むことができるから、とても手軽ですよね。
サプリメントであれば服用することで大きな副作用が出ることはほとんどありませんし、飲み合わせの心配もありません。

 

また、更年期障害に効果が高いといわれるエストロゲンを増やす成分を食事で補おうとすれば、調理方法や必要摂取量に配慮しなければいけませんが、サプリメントであれば自分が必要とする栄養素やエストロゲンを増やす量をほぼ理想通りにからだに摂り入れることができます。

 

エストロゲンを増やす成分だけでなく女性に必要な成分が配合されているものや、飲みやすい形状になっているものなど、自分好みのものを選択できます。

 

エストロゲンを増やす更年期サプリのデメリット

手軽に更年期症状のつらい症状を緩和したり改善する方法として更年期サプリメントを利用する人もいることでしょう。
更年期サプリメントには多くの種類があり、それぞれに配合されている有効性分が異なります。

 

多くの場合、更年期障害を引き起こす原因として考えられるエストロゲンの減少を補って急激なホルモンバランスの乱れを予防する成分が含まれていますが、場合によっては体内のエストロゲンよりも強い作用を持つ成分が配合されている場合があります。
過剰摂取はエストロゲンを増やすので異なる症状を引き起こす原因となる可能性があります。
くれぐれも容量や用法を必ず守ることが大切です。

 

サプリメントは栄養補助食品であり、薬ではありません。
そのため、作用が穏やかであり、継続して服用する必要があります。

 

即効性を期待するのであれば、病院でのホルモン療法や内服薬による治療をお勧めします。
また、サプリメントを飲んでいるからといって、食生活をおろそかにすればエストロゲンを増やすのは難しいです。
栄養補助食品としてサプリメントの効果を活かすためには、まずは日頃の食事をバランスよく摂ってエストロゲンを増やすようにしましょう。

リンク集