エストロゲン増やす サプリ

 

女性ホルモンと睡眠障害

女性は男性と違い、月経周期・年齢・妊娠・出産などのライフイベントでホルモン分泌量が目まぐるしく変化します。
女性ホルモンは睡眠のメカニズムに大きな影響を与えます。

 

「生理の前は眠くてたまらない」「妊娠初期はとにかく眠かった」「更年期に入ってからは寝つきが悪い」など、実際に経験された方も多いのではないでしょうか?

 

女性ホルモンと睡眠は深い関係にあります。
ホルモンバランスを整えるためにまずは規則正しい生活を心がけることが大切です。

更年期随伴睡眠障害

更年期の睡眠障害の特徴は入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒が単独でみられるケースと、全てが重なることも多くあります。

 

更年期の不眠は更年期症状が原因になっているものも少なくありません。

 

更年期症状は女性ホルモン、特にエストロゲンの分泌が急激に減りホルモンバランスが乱れて生じるとされています。

 

もちろん女性ホルモン以外の精神的なプレッシャーも不眠の大きな原因となります。
家事や子育て、介護のストレス、仕事上のストレスが不眠を引き起こすこともあります。
さらに更年期障害にみられる精神症状が絡まりあうと不眠の程度が強くなるとされています。

 

更年期は一時的なもので永遠に続くわけではありません。
症状がつらいときはあまり我慢せずに専門医を受診し、ホルモン補充療法などの治療を受けましょう。
病院の他にも、更年期サプリ等もありますので、色々試してみてください。 十分な睡眠がとれるようになると、更年期症状そのものが改善されていくことも多いようです

不眠

夜、なかなか寝付くことができなかったり、眠ってもすぐに目覚めてしまう眠りが浅くてぐっすり朝まで眠れないという経験は誰でもあるでしょう。

 

その原因は心配ごとがあったり、緊張している状態が続いている、疲れすぎているなど人それぞれでしょう。
しかし、ほとんどの場合は数日から数週間経過すると、その状態は緩和されて眠ることができるようになります。
この場合、一時的なもので問題ないといえます。

 

しかし、眠れない状態が改善されることなく、1ヶ月以上にわたって続くと不眠症が疑われます

 

そんな不眠症はうつ病やパニック障害、自律神経失調症などの心の病気を併発している可能性と、更年期による不眠の症状の可能性があります
どちらも眠れないという症状は変わらないのですが、不眠の原因が異なるため特に更年期が原因の場合は注意が必要です。

 

たとえ更年期による不眠だとしても、病院で処方される睡眠導入剤を服用すれば症状は改善されるかもしれません。
しかし、睡眠薬や睡眠導入剤は常用していると効果が悪くなってくるので、飲み続けるのはなるべく避けたいお薬でもあります。

 

更年期の場合、10年という長いスパンで崩れたホルモンバランスに体が慣れてくることで症状が出なくなるため、10年間も睡眠薬が手放せない状態になってしまうかもしれません
さらに言えば、高齢になると不眠になる傾向があるため、最悪一生付き合う可能性もあるのです。

 

ですから、更年期による不眠の可能性がある場合は、薬剤に頼る前にエストロゲンの増加を試してみることをおすすめします。
エストロゲンを多く含む食事を心がけてみる、それでもダメなら植物性ホルモンをサプリで摂取してみる、それでもダメなら、エストロゲンそのものであるピルを服用してみる。
確かにピルにも副作用がありますが、睡眠薬のように常用性はないので、その分安心です。

 

もほおっておくと、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠不眠障害などがあり、これによって日中に倦怠感や意欲低下、集中力低下、食欲低下などの不調が出現してしまいます。
また、不眠症が続くと不眠恐怖が現われ、さらに症状が悪化してしまうこともあります

 

寝つきが悪い

寝つきが悪くなるのも更年期障害の症状の一つであります。
しかし、更年期のばかりにせず、寝る前の生活習慣を変えてみる必要もあります。

 

・寝る直前までスマホやPCでネットサーフィンしていませんか?
・夜遅くまでテレビ見てませんか?
・ナンクロやクロスワードなど脳をフル回転する遊びをしていませんか?

 

スマホやPCから発せられる強い光は、脳の眠りを妨げる原因になります。
脳をフル回転した遊びのあとは、脳が興奮している状態です。
簡単には眠気がおきません。

 

ですから、就寝前にゆっくりとした時間をすごすようにするのも大事です。

夜中に目が覚めて朝まで熟睡できない

朝まで熟睡できないのも更年期の症状の一つとしておこりやすい症状です。
これは、老人になると就寝時間も起床時間も早くなってくるので更年期になると夜中突然目が覚めるというのは自然の流れの一つかもしれません。

 

しかし、これが頻繁におこると一日中眠いという症状や突然の猛烈な睡魔などが起こるようになり日々の生活に支障をきたす可能性があります。

 

些細な物音や光で目が覚める。
尿意を覚える。(この場合、体が冷えている可能性も!体を温めることで改善するかもしれません)

 

など、些細なことですが、医者に相談するのをおすすめします。

むずむず症候群による睡眠障害

じっと座っている時や横になっているときに足に不快感が起こり、足を動かしたいという強い欲求が起こります。
この不快感は「むずむずする」「ぴくぴくする」「虫が這っている」など様々な言葉で表現されます。
症状は夕方から夜間に現れやすいことから睡眠障害の原因となります。
妊婦の場合は出産後自然に症状は改善されますが、その間は貧血の改善、マッサージなどで対応しましょう。

男女の睡眠の特徴

・睡眠時間       (女性)短い  (男性)長い
・深い眠りの時間    (女性)短い  (男性)長い
・睡眠と覚醒のサイクル (女性)短い  (男性)長い
・全体的な眠りの深さ  (女性)深い  (男性)長い
・疲労回復の効率性   (女性)効率的  (男性)非効率
・寿命         (女性)長い  (男性)短い
・朝型の割合      (女性)朝型  (男性)夜型
・睡眠の悩み      (女性)多い  (男性)少ない
・怖い夢を見る     (女性)多い  (男性)少ない
・寝言を言う      (女性)多い  (男性)少ない

 

 

上記は、男性と女性の睡眠の特徴を表したものです。
女性の睡眠は男性にくらえて深く、短く、効率的です。
これは女性ホルモンが睡眠物質のセロトニンの分泌を助ける為です。
短いけれども深い睡眠によって効率的に脳の疲労回復が出来、この事が女性の寿命が長い要因の一つだと考えられています。

睡眠の仕組み

睡眠は生物が生きていくうえで大事な行為です。
睡眠には、傷ついた細胞を復活させるために体を休ませると意味、新しい細胞が生まれるという意味、脳内では整理作業が行われています。
よって、疲れたから眠くなるというのは細胞を復活させるために眠りなさいという合図です。

 

また、寝ている時間に多くのホルモンが分泌されることで肌再生や育毛が行われます。
そして、特に子供が顕著に現れますが、前日できなかったこと前日おぼろげに覚えたことが、翌日できるようになった、確実に覚えたなんて ことを真のあたりにしているママも多いのではないでしょうか?

 

これこそ、寝ている間に脳が学習したことを整理し、翌日脳が成長したことを体現しているのです。
このように睡眠は、年齢に関係なく必須ものですから、質の良い睡眠をとるようにこころがけましょう。