エストロゲン増やす サプリ

目のトラブルが起きる

更年期が始まる40代になると起こりだす視力低下の原因が老眼です。

 

特にPCで目を酷使している訳でもなく、TVも過度に見ている訳でもないけど、目が疲れるという方は
加齢により視力は衰えてきているのに、目が何とかピンとを合わせようとがんばっていることで起こる症状です。

 

近くを見たあと遠くを見ると目がかすむ
遠くを見たあと近くを見ると目がかすむ

 

老眼の始まりです。

 

また、涙の分泌も減ってきますので、ドライアイを起こしやすい時期でもあります。
これが、更年期の時期におこる目のトラブルです。

 

この症状の場合は、更年期の治療というより、ブルーベリーサプリやルテインサプリのような目の働きを助けるようなサプリの方が効果的でしょう。
ただ、目の疲労は、肩こり、頭痛の原因になるため、更年期の症状と同じ部分もあります。
更年期の治療をしているのに症状が改善されない場合は老眼が原因かもしれません。



めなりサプリメントをお得に購入するならコチラ>>

 

 

目の健康のためにブルーベリーサプリメントがおすすめ

 

現代はスマホやPCの普及によって、仕事でもプライベートでもスマホやPCを見る機会が増えてきています。
私たちの生活に欠かすことができない便利なアイテムですが、その電子機器を使用することで目が疲れたり、ものが見えにくくなるということもあります。

 

年をとると視力が低下し、目の前の物体に焦点が結べなくなり、ぼんやりとしか見えなくなる上にスマホ等で目を酷使するのですからますます視力低下を招きます。

 

ですから、目の疲れを感じている時には、ブルーベリーのサプリメントを摂取するといいでしょう。

 

アントシアニンという目にいい成分を、ブルーベリーが含有することが知られています。
ポリフェノールに分類されるアントシアニンがあるために、ブルーベリーは青紫色をしています。
疲れている目を回復させる作用があることが、アントシアニンが評価される理由です。

 

アントシアニンには、目の網膜にあるロドプシンという成分の再合成をサポートする働きがあります。
ロドプシンは目から入る光の刺激を信号化して脳に送っており、何か見るときには必要な成分です。

 

網膜でものを見る度に、ロドプシンは分解されますが、その後再び合成されて、ものを見る働きを助けるという循環を続けています。
そのため、目に負担のかかることを続けていると、ロドプシンがどんどん分解され、再び合成する機能を超過してしまうので、ものがかすんで見えるようになったりします。
網膜で足りなくなっているロドプシンを一刻も早く再合成するために、合成を助けるアントシアニンを多く含むブルーベリーをサプリメントで補給します。

 

この他、ベルーベリーに含まれているルテインも、目の疲れに効果を発揮します。目へのダメージを引き起こす紫外線や、ブルーライトによる負荷から、目を守ってくれる成分です。

 

ルテインにはテレビやパソコンなどデジタル機器から発せられるブルーライトを吸収する働きがあるとして注目されるようになりました。目の疲れが気になる時に役立つ成分であるアントシアニンやルテインが含まれているブルーベリーのサプリメントは試してみる価値が大いにあります。

 

サプリメントは薬と異なり、食品として販売されているものですから、飲んですぐ効果は得られませんが、サプリメントを使う人はたくさんいます。
最近目が疲れやすいという人や、物がよく見えないという人がいたら、まずはアントシアニンのサプリメントを使ってみるといいでしょう。