エストロゲン増やす サプリ

更年期によるあそこのトラブル

エストロゲンの減少は女性の体にさまざまな悪影響を及ぼします。
これは、 年齢を重ねるとともに肌が乾燥しやすくなるのもエストロゲンの減少によるもの。
肌と同様に膣の潤いも減ってしまうことで起きます。。
更年期を迎える女性が人に相談しにくい症状があそこのトラブルです。

 

・膣炎
・性交痛によるsexトラブル

 

これらの症状にエストロゲンの減少が関わっていると知っている人が少ないため、人に相談できず悶々としている女性も多いのですが
女性の膣内が柔らかく、分泌物がたっぷりと排出され膣内が潤っていたのはエストロゲンが多かったからです。
エストロゲンの減少に伴い、膣は硬くなり、分泌物は減っていきます。
膣の乾燥は細菌感染を起こしやすく膣炎の原因になるため更年期に発症しやすい病気になります。

 

性交時に痛む、スムーズに挿入できない、といったトラブルはエストロゲンの減少が原因かもしれません。
これは、膣が潤っていないため、SEXの時の挿入が痛く、SEXが楽しくなく苦痛に感じる方が増えてきます。
男性側も、感じていないのではないか?と不満が出たり、分泌物が潤滑剤代わりだったため、男性側も気持ちよくならず、中折れや、射精できない原因となります。
よく原因がわからない場合、男性側に自信喪失をもたらし、結果としてEDの症状が出たり、夫婦関係が悪くなる場合もあります。

 

このようなトラブルが原因で、SEXに対して消極的になり、パートナーとの関係がギクシャクすることもあります。
この問題から目をそむかないでください。
お互いの気持ちを語り合って、理解できれば、前向きに進んでいけるでしょう。
気持ちが盛り上がる演出を行ってみる、前戯にたっぷり時間をかけて丁寧に行う、などの方法で解決できる場合もあります。
さらには潤滑液を利用すると、普通に性行為ができるので、悩むことなく対応するのが有効です。

 

又、潤滑剤が嫌な場合は、排卵期の営みが有効です。
おりものの量が増えるため膣内のうるおいが増します。
そのタイミングで性交すると、痛みが軽減される場合もあります。

 

また、子宮が冷えてしまうと、潤い不足を招いてしまいますので、下半身が冷えないように注意することも大切です

 

さもないと、それでも強引に挿入すると、膣内が切れ、出血をおこし、その部分が炎症をおこすようなことになりかねません。
さらに性交痛や出血が続き、ますます夜の生活がなくなっていくことにつながります。