エストロゲン増やす サプリ

女性ホルモンが少なくなると血栓ができやすくなる理由

女性のからだは妊娠や出産をするために女性ホルモンの作用で守られている部分が多く、男性と比較すると発症リスクが低い疾患が多くあります。
そのため、女性ホルモンの分泌が少なくなると、発症リスクが一気に上がる疾患もあるのです。

 

そのひとつがコレステロールの値です。
女性ホルモンのエストロゲンにはコレステロールを抑制する効果や動脈をしなやかに柔らかくする効果、血行の改善効果などがあります。
女性ホルモンの分泌が少なくなることで、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加すると、血液の成分がくっつきやすくなったり、固まりやすくなるなどの変化がおきて、いわゆるドロドロ血液になってしまいます。

 

これらが原因となって血管の内壁にコレステロールが付着した血管に血栓ができやすくなってしまうのです。
血栓ができてしまうと、脳梗塞や心筋梗塞などの命に直結する重篤な症状を引き起こす可能性があるため、食生活や生活習慣に配慮することが必要です。

 

閉経後、LDLコレステロールが上がる原因

閉経後の女性はLDLコレステロール値(悪玉コレステロール)が上昇する傾向にあります。
これは、女性ホルモンのバランスによるものが原因であることが指摘されています。

 

閉経は年齢とともに卵巣機能が低下することによって起こります。
これと同じく女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が大幅に減少してしまいます。
エストロゲンは妊娠に関する作用をもたらすものですが、肝臓でLDLコレステロールが摂り込まれる量を増やして分解と排出を促進したり、HDLコレステロールの合成を促進するはたらきも持っています。
そのため、一定量のエストロゲンが分泌されている場合には、代謝がうまくいくため、LDLコレステロールに異常はみられませんが、エストロゲンの分泌が減少してしまう閉経後に、これまでと同じ食生活を送っていると、LDLコレステロールの代謝を行うことができないので血液中に滞ってしまうため、数値が上がるという現象が起きるのです。

 

血栓症予防

 

女性ホルモン剤であるピルを服用する人に積極的に行って欲しいことが5つあります。

 

@ コレステロールを高くしない食生活
A 水分はこまめに摂取(水分が不足すると血液がドロドロになるため
B 血栓を溶かすナットウキナーゼが含まれる納豆を1日1パックは食べる
C 適度な運動で血行を良くする
D 弾性ストッキングをはく(メディキュットのようなむくみ対策靴下)

 

血栓はしなやかさを失った血管に濃い血液が流れれば流れるほど血管内にできやすくなりますので、血液を滞らせない、なるべく、サラサラの血液を流すようにすることが大事です。

 

タバコと血栓症

 

喫煙者が30歳を超えてくると病院ではピルの処方をしてくれないところも出てきます。
それくらい、血栓の発生率を高めるのがタバコなので喫煙者にはタバコを止めることをおすすめしますが、どうしてもやめられないのであればタバコを止める以外の方法で血栓予防を積極的に行いましょう。

 

血栓症の初期症状1

以下のような血栓症の初期症状が出た場合、ホルモンを増やす行為はすぐにやめましょう。

  • 嘔吐
  • 吐き気
  • 頭痛
  • しびれ
  • 疼痛
  • 発心の発症

 

ラクナ梗塞とアテローム血栓性脳梗塞の違い

ラクナ梗塞は、脳の細い動脈が詰まってしまうことで起こる脳梗塞のことをいいます。

 

ラクナはラテン語で空洞を意味することばで、細い血管が詰まったことでその先の脳細胞が壊死して直径1.5cm未満の小さな空洞のようになることからその名がつきました。
ラクナ梗塞は、日本人に起こる脳梗塞のうち約35%がラクナ脳梗塞といわれており、遺伝的にも起こりやすいとされています。安静時に起こりやすく、朝起きた時にその症状が現われることが多いようです。

 

一方、アテローム血栓性梗塞は、首から脳に通じる頸動脈や頭蓋骨内部の比較的太い血管が動脈硬化が起き、狭くなった血管内部にできた血栓などが詰まってしまったことで引き起こされます。
血管の中でコレステロールがドロドロとした粥のように固まっているアテローム硬化が原因となっています。
また、高血圧などで力が加わることによって粥種が破裂したことが発端となって発生することもあります。
かつては欧米人に多く見られる梗塞でしたが、食生活の変化とともに日本人にも増えています。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)と血栓

 

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンの2種類があります。
血栓の原因になるとして注目されているのはエストロゲンですが、これはエストロゲンが女性の美肌・美髪・美乳など美をもたらすホルモンのため、誰しもが積極的に
分泌したい、摂取したいと思っている女性ホルモンのため、エストロゲンの血栓症リスクの方が注目されています。

 

では、プロゲステロンには血栓のリスクはないのでしょうか?
実はプロゲステロンの単独のお薬では血栓症の増加はないのですが、避妊薬だとエストロゲンが必ず配合されている場合、プロゲステロンとエストロゲンの配合量により血栓のリスクが変わるというデータがあります。

 

つまり、不妊治療や他の病気のためプロゲステロンのみを医師の判断のもと摂取している場合は血栓リスクはないものの、避妊薬としてプロゲステロンも服用しているのであれば血栓のリスクはあるということになります。

 

デュファストン

 

デュファストンは黄体ホルモンの働きが悪い場合、受精卵が着床しやすい状態にする卵胞ホルモンとして不妊治療などで使用される薬です。
デュファストンのみならば血栓のリスクはないですが、エストロゲンを含むピルを服用している場合は血栓のリスクは高まりますので医師の指示に従うようにしましょう。

 

 

抗エストロゲン薬

 

抗エストロゲン薬は乳がんなどエストロゲンによりがん細胞が活発化する病気などに使用する薬でこの薬によりエストロゲン受容体をブロックしてエストロゲンの働きを抑えます。

タモキシフェン

タモキシフェンは抗エストロゲン剤なので、血栓のリスクを高めるエストロゲンの生成を抑制する働きがあります。
この薬はエストロゲンの分泌を抑えるため更年期のような症状が副作用として出ます。

 

タモキシフェンは血栓予防の薬ではなく、乳がんなどで使用される薬です。
血栓予防の薬として有名なのは、血液をサラサラにする効果のあるフワァリンですが、これも注意喚起が多い薬ですので医師の診断や指導のもと服用するようにしましょう。