エストロゲン増やす サプリ

プラセンタサプリで更年期の症状が改善する理由

更年期の症状改善にプラセンタサプリを摂取すると効果が改善されるといわれますが、なぜつらい症状を改善することができるのでしょうか?

 

プラセンタは胎盤のことです。
胎盤といえば、赤ちゃんをおなかの中で育てる時に作られるもので、アミノ酸やタンパク質、活性ペプチド、糖質、脂質、脂肪酸、ムコ多糖類、酸素、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養成分を含んでいます。
これらの栄養素は私たち人間のからだを構成したり、生命を維持する上で不可欠なものばかりです。

 

現代医学においてもプラセンタは自律神経の調整作用効果やホルモンバランスの調整があることが知られています。
更年期で起こる症状は自律神経やホルモンバランスに原因があるとされていることから、プラセンタが効果を示すのです。

 

また、古来より使われている漢方においても、プラセンタは精を補い、血を養い、気を増すとして使用されており、基礎代謝を向上させたり、血行促進や疲労回復、免疫力の活性、体質改善などにも有効だとされています。

 

 

更年期治療で行われるプラセンタ治療とは?

更年期に起こる心身の症状には、日常生活に支障をきたすほどつらいものもあります。
いつまで続くのかわからない症状を改善するためには様々な方法がありますが、医療機関においてプラセンタ治療が行われることがあります。

 

プラセンタとは胎盤のことであり、治療に用いられるのはヒト由来の胎盤から抽出されたエキスです。
サプリメントや化粧品では豚や馬由来のものですが、ヒト由来の胎盤は治療として厚生労働省から許可されているメルスモンが使われています。

 

ヒト由来のプラセンタはホルモン補充療法に比べると副作用が少ないといわれています。
ただし、注射したところに痛みを感じたり腫れやアザができてしまうことや、注射を打つために定期的な通院が求められます。

 

また、プラセンタ治療を受けた場合には献血をすることができなくなるなどの注意点がありますが、歴史としては、50年ほど前から行われており、重篤な副作用も報告されていない治療方法だといえます。