エストロゲン増やす サプリ

PMSの精神的な症状

生理がはじまる3〜10日前頃から精神的な不調を感じている人もいるのではないでしょうか?

 

これらの共通点は特別な理由もないのにマイナスの感情を持ってしまったり、いつもは何とも感じないことでも気にかかってしまうこと、そして時間の経過と共に忘れてしまうことも少なくありません。

 

その状態は個人によって差がありますが、主にイライラや憂鬱、落ち着かない、緊張感が続く、感情の起伏が大きい、身近な人に八つ当たりをしてしまうなど、多岐にわたり、これらの気持ちによってストレスを感じたり、自己嫌悪を招いて、悪循環に陥っている人もいるでしょう。

 

これらはPMSの症状として扱われます。

 

しかし、すべての人に理解してもらえるわけではありません。
毎月の生理周期と照らし合わせながら、自分自身気づいて、配慮することを心がけましょう。
そうすれば、少しでもトラブルやストレスを最小限にしたり、緩和できる糸口を見つけていくことができると考えられます。

 

PMSの原因

PMSは生理の前に起こる症状であることから、生理や女性ホルモンのバランスと深い関係があるのではないか?と考えられますが、確かにPMSが起こる時期が女性ホルモンのプロゲステロンが急激に増加する時期であるため、その影響は払拭できません。
しかし、その症状が個人によって非常に大きく異なる点に着目すると、プロゲステロンだけが原因だとはいい難く、その原因の詳細は解明されていません。

 

原因として、PMSの症状が潜在性鉄欠乏性貧血と似ていることを指摘する説もあります。
これは、隠れ貧血とも呼ばれるもので、PMSの症状がある女性に多く見られるというのです。
また、生理前は子宮の周りに血液が流れやすいことから、脳への血液供給が低下している状態にあります。
これによって、一時的に虚血性貧血の症状が現われている可能性があるというのです。

 

さらにはプロゲステロンの分泌によって低血糖を起こしていることによって精神状態が起きている可能性や、脳内の伝達物質であるセロトニンの減少など多くの仮説が立てられています。

 

PMSのホルモン療法

PMSの治療方法のひとつにホルモン療法があります。
PMSの原因のひとつとして女性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンなどのホルモンバランスが乱れることが指摘されています。
このバランスを整えるためにホルモンを用いられるのがこの治療法です。

 

ホルモン療法にはいくつかの方法がありますが、一般的なものに低用量ピルを服用する方法があります。
ピルは避妊薬として使用されるイメージがありますが、女性ホルモンの分泌をコントロールして排卵や生理を調整するという意味ではPMSの治療も同じなのです。

 

また、生理が始まる日をコントロールすることもできるので、PMSが起こりやすい日をあらかじめ知ることができます。
これによって予定を立てやすくなったり、自分の気持ちを抑えることもできるでしょう。

 

ピルの副作用やリスクが気になる人にはナチュラルホルモンを用いたホルモン補充も可能です。
この方法であれば、副作用のリスクが低く、個人にあったホルモン量を補充することができるため、より自分に合った治療ができると考えられます。

 

PMSと漢方

PMSは多くの要因が重なることで起こる症状であることから、手術や服薬で部分的に治療しても完治できないとも考えられます。
人間が本来持っている治癒力や精神的なものを整えるのであれば漢方を用いることもひとつの方法です。
ストレスや自律神経、ホルモンバランスの乱れなどから引きおこるPMSにおいては漢方を用いた治療が最適という人もいるほどです。

 

東洋医学では、気・血・水のバランスが乱れている時には心や体に不調が現われると言われています。
PMSでは、このうちの血のバランスが乱れていることが指摘されます。

 

PMSの治療に処方される漢方薬は帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)などがありますが、漢方医や漢方薬局に問い合わせることで、症状や健康状態、体型、環境など、様々な条件から診断して自分に合った調合をしてくれるため、より的確に症状を緩和することができるでしょう。