エストロゲン増やす サプリ

dhcのエストロゲンサプリ

dhcの商品にエストロゲンの記載がされているサプリは販売されていません。

 

しかし、エストロゲンと似た働きをするプエラリアサプリが販売されています。

 

また、エストロゲンが更年期の症状改善に有効なため、エストロゲンと似た働きをする訳ではありませんが、dhcのセントジョーンズワートサプリは沈みがちな更年期の症状を前向きにするサプリメントとして販売されています。

 

 

おすすめ!副作用が気になる人のエストロゲンサプリ人気ランキング

エストロゲンサプリを服用すると癌のリスクが上がりそうで怖い、でもエストロゲンの量は増やしたい、という方には、植物性女性ホルモンそのもの摂取せずに、自分の卵巣から分泌される女性ホルモンの分泌を促すタイプのサプリメントの服用をおすすめします!

 

このタイプのサプリメントであれば、卵巣の老化で減りだした女性ホルモンの分泌を促すことが目的なため女性ホルモンが過剰になることはなく、癌や子宮筋腫のリスクは限りなく低くなります。

 

FUWARIフワリ

通常価格 7,020円
初回限定価格 980円

 

馬プラセンタと同等の巡り成分配合の高品質・高純度の豚プラセンタ配合。

 

さらにアスタキサンチン・ビタミンE・ヒアルロン酸・エラスチン・セラミドの5大美容成分でいつまでも透明のあるクリアな生活をサポートします。

 

90日間返金保証で安心です。

白井田七。甕

通常価格 9,240円
初回限定価格 3,980円

めぐりサポート成分の田七人参、女性らしさをサポートするザクロ・プロテオグリカン、アミノ酸の豊富な熟成醗酵黒酢で女性に嬉しい成分がたっぷり配合.

他にもさびない体つくりに必要なポリフェノールが豊富なアサイーもしっかり配合。

更年期女性の悩みを考えて開発されたサプリメントです。

高麗美人

通常価格 3,024円
初回限定価格 2,570円

女性ホルモンのバランスをサポートするサポニンが豊富な高麗人参をはじめ、鉄分・亜鉛・カリウム・カルシウム・マグネシムもしっかり補給できます。

さらにコラーゲンのもとになる成分のアミノ酸もたっぷり18種類配合しています。

エストロゲンサプリの副作用

エストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンとも言われる、大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値は70〜75mg/日ですので、適用量を守って飲むようにしてください。

 

適正量を摂取しておけば、子宮内膜ガン、腎結石、膀胱ガンのリスクは少ないとされています。

 

ただ、あくまでも、エストロゲンと似た働きをするものであり、ピルのような女性ホルモンそのものではありませんので、適用量を守って摂取するれば副作用のリスクは低くなります。

 

又、エストロゲンだけを補強するとプロゲステロンとのバランスが崩れるため危険であると言う方もいますが、多くの医師が日本の伝統食である大豆イソフラボンを摂取したことによる健康被害の報告はされていないといいます。

 

 

尚、エストロゲンサプリメントに限らず、サプリに含まれる成分にアレルギー反応を起こす場合がありますので、商品成分には注意が必要です。

男性がエストロゲンサプリを飲んだ場合の影響は?

男性でエストロゲンを摂取したいと思う方は、中性化、女性化を求めている方が多いのではないでしょうか?

 

男性がエストロゲンサプリを服用する場合、注意したいことが、もともと、男性には男性ホルモンが多く分泌している状態なので、そこに女性ホルモンに似た働きをするエストロゲンを適用量を投入したとしても、どこまで効果があるかは疑問な部分があります。

 

例えば、男性がピルで女性化を求める場合、最初は副作用が強く出るため女性と同じ量を飲むことから始め長い時間をかけて中性的な状態になり、徐々に量を増やすことで体に変化が出、女性的な体を作っていくからです。

 

ですから、エストロゲンサプリを飲むことで長い目で見れば変化は起こるでしょうが、エストロモンサプリだけでは短期間での大きな変化を求めるのは難しいようです。

更年期にはエストロゲンサプリ

更年期障害は全身にいくつもの不調が現れ、しかもその大部分が時間的な症状で、症状が日によりあちこち変動するため、明らかな異常が見つかりません。

 

たとえばうつ病の場合、無気力になったり、ものごとを悲観的に考えたり、倦怠感、頭重感などを訴えることが多く、しかもその症状は日によってことなります。

 

これは、女性ホルモンの分泌を司る脳と自律神経を司る脳が同じ領域にあるため、更年期障害がまるで自律神経失調症のような症状を起こすからです。

 

また、その症状は人によって強弱があり、強い症状の人はもはやエストロゲンサプリでは歯が立たないケースが多いので、すぐに婦人科に相談しホルモン補充療法を行いましょう。

 

逆に、軽度の症状でしたら、ピルを服用するまでのなく漢方やサプリメントで十分に効く場合が多いので、まずはエストロゲンサプリを飲んで様子を見ることで薬が必要な状態を避けることができます。

エストロゲンサプリに匹敵する食品

植物性エストロゲンに匹敵するほどの植物性女性ホルモンを含有する食品は、大豆製品です。

 

納豆 1パック(50g) 65.0mg
豆乳 250ml    138mg
豆腐 1丁      110mg
きな粉 おおさじ1(6g) 15.6mg

 

エクオール産生菌が活発に働いている場合は、豆乳や豆腐は食べ過ぎ飲みすぎになります。

 

ただ、エクオール産生菌の働きが悪ければ、たくさん食べてもエストロゲンに似た働きを行わない場合もあります。

 

さらに言えば、エクオール産生菌を持ってない人も日本人の2分の1はいます。
その方は、大豆製品をいくら食べてもエストロゲンに似た働きはしません。

 

となると、食品ではあやふやなので、更年期の症状で本当に困っている方はエストロゲンサプリの方が効率的に女性ホルモンに似た働きを摂取できることになります。

エストロゲンサプリの口コミ

40代に突入し生理が不順になったのをきっかけに豆乳を飲み始めるようになりました。

 

私はエクオール産生菌を持っているらしく、飲めば飲むほど聞いているんでは?と思うほど1日500mlは軽く飲んでいました。

 

そのおかげで、生理不順の改善だけでなく胸の張りや頭がボーとする症状まで消えたので満足していました。

 

しかし、豆乳は1日でコップ1杯取ると乳癌や子宮内膜症になるリスクが高いことを知り、怖くなって、大豆イソフラボンを摂取するのをやめて、女性ホルモンの分泌を増やすサプリメント高麗美人に変えました。

 

豆乳を飲んでいる時と変わらない状態を保てているので今は安心して飲んでいます。

 

ピル愛用者でしたので、40代後半でも更年期のような症状を感じたことはありませんでした。

 

しかし、48歳になったころピルには血栓のリスクがあるのでそろそろピルを辞めようと決意。

 

ピルをやめて2か月、もともと太り気味だったのが、ダイエットしても全くやせない、眠い、イライラするなど、自分でどうしようもないほど更年期の症状が出てきて・・

 

そこで、ピルではなく、小林製薬が出しているエクオールサプリを飲むことに、すぐには改善した訳ではありませんが、ピルを辞めた直後に比べるとかなり症状は軽くなっています。

 

 

更年期の症状が出たら、すぐピルを飲むつもりでしたが、プラセンタサプリの存在を知り、45歳になった現在、プラセンタサプリでケアを始めました。

 

前々から美容のためにプラセンタ注射は気になっていたのですが、勇気がなくて、プラセンタには女性ホルモンを促す力があるらしく、美容にも更年期にもいいのであればプラセンタサプリのフワリがお得かもと思い飲み始めています。

 

現在、以前に比べたら、汗の量が増えた、痩せにくくなった、くらいの症状しか出ておらず、肌の衰えは年の割には美肌な感じなのでフワリのおかげ?と思っています。