エストロゲン増やす サプリ

閉経後痩せるならダイエットサプリ?

閉経後、50歳を過ぎた頃から急に太る女性が多くいます。
慌てて、ダイエットを始めてもこれがなかなか痩せない、そこでダイエットサプリに頼る方も多いようです。

 

太ると老けて見えるから嫌だということもありますが、50歳を過ぎると太ることは不健康のため病気にかかるリスクが高まるため痩せようという努力をする人も多いのです。

 

では、閉経後のダイエットはサプリが良いのでしょうか?

 

閉経時の年齢になると基礎代謝が落ちるので、今までの食事ではカロリーオーバーになる可能性があり、そのような方は置き換えダイエットとして、朝や昼を青汁で済ませるなど、健康とダイエットを両立できるようなダイエットツールを選ぶ人が多いようです。

 

又、飲むだけでカロリーカットができるギムマネやキトサンサプリメントでカロリーオーバーにならないように調整する方もいます。

 

なかには、閉経後、女性ホルモンが極少になったため食欲が増す女性も多いのですが、そのような方は、ダイエットサプリではなく、エストロゲンと似た働きをする植物性女性ホルモンを服用することで食欲を抑えようとする方もいます。

 

エストロゲンを増やすサプリの選び方

 

更年期中であれば、女性ホルモンの分泌を促す漢方系のサプリやプラセンタサプリもおすすめなのですが、閉経後であれば子宮や卵巣の働きが役割を終えようとしている状態なので、分泌を促すサプリを飲んでもで、どこまで効果があるのか疑問です

 

それよりも女性ホルモンと似た働きをする植物性女性ホルモンサプリを摂取する方が効率的です。

 

大豆イソフラボンサプリでもよいのですが、女性ホルモンに似た働きをする確率は2分の1のため、大豆イソフラボンが確実に植物性女性ホルモンとして働くエクオールサプリの方を摂取することをおすすめします。

 

 

 

>>小林製薬エクオールの詳細はコチラ<<

 

 

 

 

 

 

 

>>エクオール+ラクトビオン酸の詳細はコチラ<<

 

 

 

 

 

閉経後は太りやすいのは女性ホルモンの影響

女性が太りやすくなるのは女性ホルモンが減少が始める更年期中から始まっているのですが、閉経後は女性ホルモンの分泌が極めて少なくなるため、さらに太りやすくなります。

 

太りやすくなる一つ目の理由として、食欲をコントロールするレプチンの減少が関係しています。

 

レプチンが分泌すると満腹と感じるので余計な食欲が沸かなくなるのですが、このレプチンの分泌量をコントロールしている働きがエストロゲンにあるのですが、この働きが閉経後さらに鈍くなるためレプチンが分泌されにくくなり満腹と感じにくくなります。

 

さらに、レプチンが減ると食欲を促進する働きがあるグレリンが増え、閉経したことで食欲が出てくるのです。
年齢的に、基礎代謝は落ちてきているのに食欲は落ちないため太ってしまうということがあります。

 

二つ目として、レプチンの分泌が減ると内臓脂肪が燃えにくくなります
と、同時に女性ホルモンの分泌が減ると内臓脂肪をためようとする働きにスイッチが入ります

 

よく、60歳後半の女性で、体はそんなに太くないのに2段腹など腹周りが太い女性が多いのは、女性は皮下脂肪がためやすい上に、内臓脂肪が燃えにくくメタボの状態になっているからです。

 

 

ピルより安全な植物性エストロゲンのエクオール

 

ピルが合成ホルモン剤なので女性ホルモンそのものですがエクオールは女性ホルモンに似た働きをする植物性の女性ホルモンです。

 

そのため、植物性のため働きはピルより穏やかですが、ピルよりも副作用がなくピルでおこる血栓や乳癌のようなリスクが低く、継続的に服用する上での安心感があります。

 

エクオールを摂取するなら腸を元気にしよう

 

エクオールの働きを活性するために必要なのは腸内環境、善玉菌をしっかり摂取してエクオールの働きを最大にしたいですよね。
約1000種類と言われる腸内細菌ですが、善玉菌が多い腸にしてくれる素材として積極的に食べたいのが発酵食品、生野菜を食べるのであれば、ぬか漬けの方が良いでしょう。

 

冷ややっこを食べるなら納豆の方が良いですね。

 

又、腸内細胞の新陳代謝を良くするのが食物繊維です。
きのこ、根菜、こんにゃくなどで食物繊維を積極的に摂取することをおすすめします。

 

もっと手軽にエクオールを増やしたいというのであれば、エクオールそのものが摂取できるエクオールサプリがおすすめです、しかもエクオールの働きを特に活性化するラクトフェリン入りがおすすめです。

 

 

 

>>エクオール+ラクトビオン酸の詳細はコチラ<<