エストロゲン増やす サプリ

ピルに含まれているエストロゲンの量と働き

ピルには女性ホルモンの一つであるエストロゲンが0.03〜0.04r含まれており、妊娠した時と同じ状態の体をつくりだします

 

エストロゲンは別名美肌ホルモンとも呼ばれているため、肌のハリや艶など美肌効果が期待できます。
またエストロゲンは女性らしさを作るホルモンでもあるため、髪のコシや乳房の張りなどにも作用します。

 

エストロゲンの減少は更年期障害を引き起こしますので、エストロゲンを補うことで不眠やイライラ、骨粗鬆症などの改善にも効果を発揮します。
心身ともに女性の健康維持には欠かせないホルモンなのです。

ピルをエストロゲン摂取のために飲む目的

女性ホルモンであるエストロゲンは、加齢とともにどんどん分泌量が低下してきます。

 

実は女性の体はエストロゲンによって守られています。
分泌が低下することでのその恩恵を受けられなくなり、更年期障害や肌の老化、血管系の病気のリスクなどが高まるのです。

 

減ってしまったエストロゲンを効率よく補う方法、それがピルです。
ピルを摂取することで、エストロゲンが減ったことによって起きるさまざまな不調の改善することができるのです。

ピルでエストロゲンを取りながら大豆食品を食べても大丈夫?

ピルには女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンという成分が配合されています。
よって女性ホルモンを補うことができるため、女性ホルモンの低下による不調の改善に役立つのです。

 

また大豆製品に含まれる大豆イソフラボンもエストロゲンと似た働きをする成分です。

 

この二つを同時に摂取してしまうと、体内のエストロゲン量が増えすぎてしまいます。
エストロゲン過多はホルモンバランスが乱れ、心身に不調を招いてしまいます。
その状態が長期間続くと、乳がんや子宮筋腫、子宮がんなどのリスクも高まりますので、ピルと大豆製品の同時摂取は避けてください。

ピルでエストロゲンを摂取時に注意すべきこと

避妊薬として有名なピルですが、エストロゲンを効率よく補う作用もあります。
摂取時にはいくつかの注意点があります。

 

エストロゲンが関係している病気のリスクが高まる危険性がありますので、たとえば子宮筋腫や乳がんなどの疑いがある人、またそれら疾患の家族歴がある人は服用を避けなければなりません。

 

またピルには血液を固まりやすくする作用がありますので、血栓症の病気がある人や血栓症のリスク上げる喫煙者もピルの服用を避ける必要があります