エストロゲン増やす サプリ

更年期の症状である睡魔は何故起こる?

たくさん寝たはずなのにまだ眠い。
そんな異常な眠さを感じる40代、50代の女性が増えていますが、原因の一つとして更年期障害があげられます。

 

特に前日に疲れることをしたわけでないのに、ひどい眠気に耐えられなくなったり、たくさん睡眠時間をとっているのにそれでも寝たりない、まだまだ眠さが取れないなんて症状が出ている方は、自律神経のバランスが崩れていることが原因のようです。

 

更年期障害はホルモンのバランスが崩れてしまい、自律神経の働きが乱れてしまうことにありますが、それによって眠気が発生するということもあるのです。
自律神経は、交感神経、副交感神経の2種類あって、昼間は交感神経が活発になり、夜になると副交感神経が活発になるために昼間は活動的になり、夜は寝るといったサイクルになるのですが、疲れやストレスなどで身体が自律神経のコントロールをすることが難しくなり、普段交感神経が優位になっているはずの時間帯に副交感神経が優位になってしまい、その結果眠気が生じるということが起こっています。

 

この症状の辛いところは、家族や会社で理解されないと、さぼっている、だらけているとしかとらえられないところです。
病院に行って診断書を書いてもらうのも一つの方法ではないでしょうか・
周りに理解してもらえずとも、病状を伝えるだけでも気持ち的にスッキリします。
又、四六時中強い眠気がある自分に不満や悲観を持ってしまうとそれがストレスとなり、更年期の症状の一つであるうつ状態を引き起こしかねません。

 

思い出してください、生理前になると理由もなく強い眠気が出ていませんでしたか?
周りの友人に今日ずーと眠いと訴えると、生理前じゃない?みたいな返答がきたりしませんでしたか?
このように、周りも事情が分かれば、優しくしてくれるものです。

 

この症状を改善するには2つの方法があります。
一つは、女性ホルモンの減少が原因であれば、女性ホルモンを摂取し、自律神経の乱れを整える。
自律神経の乱れがなくなることで異常な眠気が止まる可能性は十分にあります。

 

二つ目は、疲労やストレスをためないようにする。
これが、自律神経の乱れを加速している場合があります。

 

ここで注意点があります。
最近女性ドライバーを見かけることが多くなりました。
運転を仕事としている方にとっては辛い現実でしょうが、この症状の状態での運転はてんかんの症状があるのに運転している方と同じ状態です。

 

いつ強い眠気が襲ってくるかわからない、どんなに眠気を追い払っても突然やってくる可能性があります。
まだ眠いと感じるうちは対処のしようがありますが、眠気を感じる間もなく無意識に眠っている場合もあります。
ですから、運転に携わる仕事をしている方、日常的に運転がかかせない方は、すぐに婦人科に行ってピルなど更年期治療を開始することで事故を未然に防ぐことができます。