エストロゲン増やす サプリ

 

閉経したからと言って女性として終わった訳ではありません。
閉経してもいつまでもキレイでいたいのは誰だって同じ。

 

ただ、閉経後は積極的に体に必要な物を取り入れないと肌の劣化を食い止められないのも事実です。
そこができている人とできていない人では閉経後の老けるスピードが全然違います。

 

ここでは、閉経後の肌の老化を鈍足にするための方法を発信しています。

目次

 

閉経後に積極的に食べたいフィトケミカル

 

フィトケミカルご存じでしょうか?
横文字だと難しそうですが、簡単に言えば、植物や果物の皮に多く含まれる栄養素です。

 

リコピン・アントシアニン・フラボノイド・プロビタミンA・クロロフィルなどが豊富に含まれています。

 

これらの栄養素の共通点が抗酸化作用、老化は体が酸化していくことサビていくことなので、この酸化を止める働きがある抗酸化作用は肌の老化防止のためにも積極的に取りたい栄養素になります。

 

フィトケミカルを効率的に摂るならスムージー

植物や果物の皮に含まれる植物を食するとなると、大根の皮のきんぴら、人参の皮のきんぴら、カボチャの皮のきんぴらなどさっと思いつくのはきんぴらぐらいでしょうか?

 

その点、果物なら、りんご・ブドウなら皮ごと食べるのは難しくないですね。

 

ただ、そこそこの量を食べるとなると難しくなるので、もっと手軽に少量でもしっかり摂取できると人気なのがスムージーです。

 

スムージーならば、皮ごとミキサーにかけるだけで手軽に摂取できますからね。

 

例えば、豆乳・皮ごとのごま・皮ごとのにんじん・プルーン・アボガドとかどうでしょう?

 

エストロゲンに似た働きをする豆乳で女性ホルモンの働きを強化、抗酸化力が高いごまや人参、ビタミンEが豊富なアボガドに女性が不足しがちな鉄分をプルーンで補いさらにポリフェノールもたっぷりのプルーンならエイジング効果も期待でき、若返りジュースと言っても過言ではありません。

 

冷え性の方は?

 

スムージーの最大の欠点は温められないこと、温めると熱に弱い成分が壊れるからです。
さらに、室温では味が落ちると感じる人もいます。

 

確かに冷たく飲むのが一番おいしい飲み方ではあるのですが、健康のためには体を冷やすのは良くないので、室温の豆乳で作るのがおすすめです。

 

特に冷え性の人は内臓が冷えると体の血行がさらに悪くなるため、冷たいものは避けた方が良いので尚、室温程度のスムージーをおすすめします。

 

 

閉経後こそビタミンC

 

今さらビタミンCなんて、今はもっとアンチエイジング効果の高い成分はたくさんある!と思った方もいるでしょう。

 

しかし、ビタミンCは抗酸化力があり、コラーゲンの生成を促します。
閉経後、骨がもろくなる骨粗しょう症にも実はビタミンCは効果的なのです。

 

もちろん以前から言われている、シミ・そばかすにもビタミンCは予防効果をもたらします。

 

さらに、免疫力が弱まってくる年代に突入しますので、たかが風邪、されど風邪、肺炎にでもかかったら命の危険さえ・・
風邪をこじらさないためにも免疫力を高めるビタミンCはとっておくべき栄養素と言ってよいです。

 

つまり、一般的なビタミンCですが、閉経後の女性にとっては、身近なビタミンの割にフル回転で体をエイジングしていくれる成分なのです。

 

ただ、ビタミンCは体内に蓄えておくことができないので、毎日の摂取が必要となります。

 

動脈硬化はシミの原因

年齢を重ねるごとにシミが増えていくのは紫外線が大きな原因の一つですが、女性に限り、首の動脈硬化が進んでいる人ほど大きなシミができやすいとく研究結果があります。

 

人間は加齢により血管は必ず硬くなってきますので、お年寄りに高血圧が多いのはそれが理由です。
ですから、血圧を適正に保つことをこころがけることが動脈効果をゆっくりとすすめることにつながり、結果的に顔に大きなシミができにくくなります。

 

血圧を上げないために

動脈硬化をゆっくりとすすめるために、血圧を適正にする必要があります。

 

そのためには、血管を傷つける原因となる血糖値やコレステロールも適正であることが大事です。

 

特に閉経後は女性ホルモンの分泌が最小限となってしまうので、コレステロールの値が高くなってしまいます。

 

閉経後には食事の面でも気を配る部分が増えてきます。

 

 

閉経後も女性ホルモンを少しでも多く分泌させるには?

 

閉経したからと言って女性ホルモンの分泌がゼロになる訳ではありません。
ですから、女性ホルモンの分泌を促すプラセンタを利用するのは有効な手段です。

 

プラセンタと言っても、注射、サプリメント、化粧品がありますが、プラセンタ注射が一番効果的です。

 

しかも、肌だけでなく、あらゆる部分が老化してくる年齢になっているので、プラセンタ注射を打つことで、女性ホルモンの分泌を促す以外の効果も期待できます。

 

なんせ、プラセンタは細胞の生まれ変わりを促進する効果と抗酸化作用があるため、老化と相反する働きですから、老化をゆるやかにする働きがある訳です。

 

プラセンタ注射より効果は落ちますが、継続的に続けるのであれば、プラセンタサプリメントも有効です。

 

更年期の間は飲んでいたけど、閉経したのでプラセンタを飲むのを止めたという方がいるようですが、プラセンタ女性ホルモンの分泌を促す働きだけではないのでもったいないですね。