エストロゲン増やす サプリ

若年性更年期障害とは?

女性の更年期障害といえばだいたい50歳前後の人がなる症状だと言われていますが、最近は20代や30代のまだまだ若い女性でも生理がなくなってしまったり、生理が来ていても間隔がばらばらになってしまったり、その結果手足が冷えてきたりイライラしやすくなったりほてってしまったり頭痛が治らなかったりといったような症状が出てくる方が増えてきています。

 

まだ50歳にはまだまだ遠いはずなのにって思っている人も多いでしょう。

 

このような若い人が更年期のような症状になることを若年性更年期障害といいます。
しかし、20代や30代にあらわれる更年期障害に似た症状は、50代におこる更年期障害とは異なります。

 

若年性更年期障害の原因は?

若年性更年期は20代〜30代に本来分泌されるホルモンより分泌量が極端に減ったのが原因で体に不具合が起きます。

 

本来20代〜30代にかけては妊娠できる体としても女性ホルモンをたっぷりの分泌するはずなのですが、継続的な緊張感による過度のストレス、極端に急激なダイエット、長期に及ぶ睡眠不足など女性ホルモンの分泌を乱す生活習慣が極端に続くと女性ホルモンの分泌はたとえ20代であっても減ってしまいます。

 

若年性更年期障害は20代でもなるの?

 

若年性更年期は20代でもなります。
しかし、50代で起こる更年期とは正確に言えば異なるものです。

 

どちらも同じような症状なので、更年期とひとくくりに言われていますが、更年期の原因が異なります。

 

50代の更年期は卵胞の減少、エストロゲンの減少、社会的背景によるストレスが原因で起こるのに対し、20代ー30代はストレスや生活習慣の乱れPMSが原因だからです。

 

よって、生活習慣を改善すれば、本来分泌される女性ホルモン量に戻すのは可能なので減るしかない50代の更年期とは異なります。

 

若年性更年期障害でも妊娠できる?

 

若年性更年期ならば女性ホルモンの分泌が減っているという意味なので、受精後、子宮に着床し、流産にならないためには大量の女性ホルモンが必要なので普通より自然妊娠がしにくい状態と言えます。

 

しかし、若年性更年期は、更年期障害と異なり、卵胞の量がの減少が原因ではないため、女性ホルモンの分泌のバランスが整えば妊娠できない訳ではありません。

 

ただ若年性更年期が長期間に渡り続くと卵巣機能の低下が長期に渡り起こっている状態なので妊娠しにくい体になってしまいます。

 

今は妊娠を希望しなくても、妊娠を考えた時に妊娠しにくい体にさらに今より加齢になるとますます妊娠の確率が下がりますので、早期の若年性更年期の改善が望ましいと言えます。

 

 

若年性更年期と閉経

 

若年性の更年期障害だけでなく実際に若いのに閉経してしまう人も増えているようです。

 

医学的には1年間生理が来なかったら閉経とみなされます。
そして、43歳よりも前に閉経してしまうひとを早期閉経とい言います。

 

このような早期に閉経が来る人の中に30代から更年期障害の症状が現れるのですが、その中でも早期閉経になる人はごくごく少数です。

 

なぜなら、多くの女性が若年性更年期になって卵胞が極端に減っていない状態で生活習慣を改善すれば回復できるからです。

 

このような若年性更年期になる場合も、エストロゲンの減少が原因で起こるため、エストロゲンを増やすため、更年期サプリを服用することは有効です。
又、エストロゲンそのものであるピルを服用することもリスクは伴いますが有効な手段です。

 


 

あなたは大丈夫?若年性更年期 チェック

 

・もともとPMSの症状に悩んでいた
・些細な事にイライラする
・冷え性
・肩こり
・疲労感が取れない
・動きたくない
・急に汗をかく
・体が暑くてたまらない
・眠れない
・人と関わりたくない

 

若年性更年期も通常の更年期と同じような症状が出ます。
あなたは大丈夫ですか?

 

 

若年性更年期障害なら病院は何科?

生理の乱れや不正出血を伴う若年性更年期であれば、最初から婦人科を受診するでしょうが、病気に詳しくない限り、20代や30代で鬱のような症状のみが出た場合、若年性更年期?と思う女性は少ないでしょう。

 

その場合は婦人科でなく、精神内科を訪れるのではないでしょうか?

 

しかし、女性がココロの不調を感じた場合、最初に訪れたいのは婦人科です。
それだけ女性ホルモンとココロは密接に関係しているからです。

 

よって、鬱の症状が出た場合、婦人科でカウンセリングを受ければ、医師は女性ホルモンのバランスの乱れを疑うので女性ホルモンの量を見る血液検査を行います。
ちなみに女性ホルモンの量は健康診断で行う血液検査ではわかりません。

 

しかも、精神科に行っても女性ホルモンの量がわかる血液検査をしてくれるとは限りません。
女性ホルモンの崩れが原因で起こっている症状かココロの問題かは、血液検査をすればすぐわかります。

 

よって、婦人科に行った方が女性の場合は原因を近道で見つけらる可能性があるのです。

 

若年性更年期障害の検査と治療の流れ

 

検査は基本、問診がまず行われます。

 

不正出血の有無、生理の乱れの有無、生理の量や塊が出ないか?など詳細な質問があります。
問診だけで、月経が順調だから健康であるという診断は行われません。

 

問診により、触診が必要と判断されれば、検診椅子に座り、専用キットでおりものの採取や子宮頚部の細胞を採取します。

 

さらに、エコーにより子宮と卵巣のチェックが行われます。

 

最後にホルモン量を調べるための採決を行い後日検査の結果から病名の告知や投薬が行われます。

 

 

若年性更年期障害の薬はピルが有効?

ピルは避妊薬というイメージが強いため、ピルを飲むのに抵抗があるという人も多くいます。

 

しかし、女性ホルモンを変動を整える薬として、保険適用されれている治療薬です。

 

若年性更年期障害はホルモンバランスが乱れている又は女性ホルモンの分泌が足りないという信号、だから、不妊の原因にもなりかねます。

 

よって、ピルでの早期の治療は卵巣を元気にさせる一つの手段でもありますので、妊娠を希望する方は特に積極的にピルによる治療を行いましょう。

 

若年性更年期 男性でもなるの?

 

男性更年期という言葉がやっと耳に入るようになってきました。

 

男性にも女性と同じように更年期があるとわかってきたのです。

 

ただ、女性が女性ホルモンの減少が原因であるように男性は男性ホルモンの減少が原因です。

 

草食男子は性欲が少なく、やる気や元気もあまりなく、筋肉も少ないのが特徴でまさにテストステロンの分泌が少なそうな男子の事です。
草食男子を歓迎する女性もいますが、心ならずして草食男子のような状態に陥った若い男性は若年性更年期とも言えます。