エストロゲン増やす サプリ

若年性更年期障害とは?

女性の更年期障害といえばだいたい50歳前後の人がなる症状だと言われていますが、最近は20代や30代のまだまだ若い女性でも生理がなくなってしまったり、生理が来ていても間隔がばらばらになってしまったり、その結果手足が冷えてきたりイライラしやすくなったりほてってしまったり頭痛が治らなかったりといったような症状が出てくる肩が増えてきています。

 

まだ50歳にはまだまだ遠いはずなのにって思っている人も多いでしょう。

 

このような若い人が更年期のような症状になることを若年性更年期障害といいます。

 

そして、若年性の更年期障害だけでなく実際に若いのに閉経してしまう人も増えているようです。

 

医学的には1年間生理が来なかったら閉経だとみなされます。
そして、43歳よりも前に閉経してしまうひとを早期閉経というようです。このような早期に閉経が来る人が30代に更年期障害の症状が現れるのですが、早期閉経の人はごくごく少数です。

 

ですので閉経自体はは平均的だと言われる50代くらいになるけれど、若くして更年期障害の症状は現れるという人が多いようです。

 

このような若くして更年期になる場合も、エストロゲンの減少が原因で起こるため、エストロゲンを増やすため、更年期サプリを服用することは有効です。
又、エストロゲンそのものであるピルを服用することもリスクは伴いますが有効な手段です。