エストロゲン増やす サプリ

更年期の症状は年齢によって変わってくる

 

更年期の症状は、自律神経の乱れなので、自分でコントロールできないところが辛いところです。

 

そんな更年期の症状は、年齢によって、おこりやすい症状が違います。

 

 

●40-50歳

生理不順
月経多量
のぼせ
ホットフラッシュ
過度な発汗
めまい

 

●50-60歳

のぼせ
ホットフラッシュ
過度な発汗
めまい
倦怠感
不安
不眠
憂鬱
記憶力の低下
頭痛

 

●55歳〜

老人性萎縮性膣炎
外陰部掻痒症
性行障害
尿失禁
動脈硬化
高血圧
脳卒中
不全
骨粗鬆症

 

女性は女性ホルモンに守れていたおかげで、男性より心血管系障害の発生比率を抑えることができていました。
よって、女性ホルモンが減る55歳〜女性の心血管系障害の発生率は高まりますので、55歳過ぎると男性以上に生活習慣に気を付け、動脈硬化の予防を行う必要があります

 

女性ホルモンに支配されている女性にとって女性ホルモンの減少は生死にかかわる病気をもたらすほど、更年期の問題だけでなく、健康全般の話になりますので、
更年期の症状改善のためだけに、女性ホルモンの分泌を促す食品を食べたり、健康維持のためにもエストロゲンを増やすサプリを飲んだ方が良いともいえます。

 

40代〜50代の更年期への対応

 

40代〜50代と言えば、まだまだ子育て中という方も多い年齢です。
子育て中は、子供に癒されることも多いのですが、イライラしたり心配したり、学校行事が忙しかったり・・
自分のこと以外の何かが多々ある又は起こる時期でママとして忙しい時期です。

 

この頃に更年期を迎えると子供のちょっとした行動に対してすぐ怒ってしまったり、過剰に怒ってしまったり、非常に心配したり、不安が止まらなかったり
など、子育てにも影響を与えてしまいます。

 

特に、義務教育の時期は子供の人格を左右する時期でもありますから、母親の更年期は子供にとって良いことはありません。
ましてや、この時期にうつの症状が出た場合は残念ながら子供にかなりの影響が出てしまいますので、子育て中に更年期の症状が出ているようでしたらエストロゲンを増やすサプリを使って体調を整えるようにこころがけましょう。

 

50代〜60代の更年期への対応

 

この年代に入ると健康への気遣いは寿命を左右すると言っても過言ではありません。
今まで女性ホルモンによって守られていた部分が守れない状態になっても、40代のころと同じ生活を送ってしまうと、病気の発症という形になって洗われるので注意しましょう。

 

特に、もともとコレステロールの値が高め血圧が高め血糖値が高めなど、血管劣化の原因になる要因があった方に起きやすいのが、50代になって急に血圧が高くなるようなことが起きます。
これは、加齢に伴う自然な血管劣化に加え女性ホルモンの減少にともない、動脈硬化が進んだことが要因です。
動脈硬化は脳梗塞・心筋梗塞など重篤な病をもたらす時限爆弾のようなものです。
血管劣化を止めるためにも今まで以上に血管を若返らせるものを食生活の中に取り入れるようにしましょう。

 

頻尿と尿漏れもこの時期に急激に増える症状です。
但し、女性ホルモンの影響というよりは、筋力低下が原因の方が大きいかもしれません。

 

 

男性にもある更年期障害

更年期障害は決して女性だけの病気ではありません。
男性にも起こりうる病気なのです。

 

これは男性ホルモンであるテストステロンの減少が原因です。
ホットフラッシュや睡眠障害、うつ、倦怠感など女性の更年期と同じような症状もあれば、勃起不全などの男性特有の症状もあります。

 

女性の場合は、閉経をはさむ前後10年間を更年期と呼び、その辛い症状に悩まされますが、男性の場合は長期に及ぶことが多いようです。
40代以降に発症する男性もいれば、60代70代に発症する男性もいます。

 

食生活や生活習慣の改善で、症状が緩和される場合もあります。
オクラや納豆などのネバネバ食品は、男性ホルモンの分泌を促進させる作用があります。

 

また、筋肉を刺激することも、男性ホルモンの分泌を促進させますので、激しい運動でなくてもかまいませんので、続けられる程度の運動を習慣にしましょう

 

症状が緩和されないようであれば、男性更年期外来など専門のクリニックがありますので、専門医に相談することをおすすめします。