エストロゲン増やす サプリ

初診の流れ

更年期の知識を持つ女性が増え、35過ぎたころからの不調を更年期かも?と思う人が多くなっています。
そして、向かう病院が婦人科です。

 

受診するクリニックが決まったら、電話で診察の予約をしましょう。
初診では、まず初診の際は、まず問診票の記入を行います。

 

この時、基礎体温表や自分や両親の病歴、服用中の薬などをメモして持参しておくと、その後の診察がスムーズに行われます。
気になっている症状があれば、問診の際に伝えておきましょう。

 

この問診票をもとに医師による問診が行われます。

 

  • どんな不調なのか?
  • 最終生理日はいつか?
  • 初潮の時期
  • 閉経は迎えているか?
  • 病歴・手術歴

など、子宮に関する情報を聞かれることが多いです。

 

この問診内容にそって医師によるカウンセリングが行われます。
そして、カウンセリングの結果から超音波検査や内診、尿検査、血液検査など必要に応じた診察が行われます。

 

更年期の可能性があると医師が判断すると血液検査が行われます。
この血液検査、一般的な血液検査と調べる項目に加え、血中のホルモン濃度の測定も行います。

 

更年期の血液の場合は、FSH卵胞刺激ホルモンの分泌量を調べるとほぼ更年期か否かわかります。
何故なら、更年期になるとFSH卵胞刺激ホルモンの分泌量が増加するからです。

 

また、糖尿病や腎臓病、から自律神経の乱れが生じる場合もあるので、必要に応じて尿検査が行われるケースもあります。

 

更年期障害の疑いがある場合は、 検査結果は、当日もしくは再診日に医師から詳しい説明があり、治療が必要な場合は今後の治療方針を決めて行きます。
症状やホルモン量により処方されるお薬が変わってきます。
漢方なのか、投薬なのか、様子見なのか、医師としっかり相談しながら、それぞれのメリットデメリットを理解して治療い取り組みましょう。

 

尚、40代にさしかかる頃、女性の月経に変化が訪れ、これを境に心身にも変化が出始めます。
この時期に入る前に自分に合った婦人科を見つけておくと、更年期にも慌てずに済みます。
ですから、特に気になる症状がなくても、年に一度のペースで婦人科検診を受けて月経や体温、体調の変化を見てもらうと、更年期以降に不調が現れた場合でも状況が医師に伝わりやすく、また自分自身の健康状態も把握できます

 

 

漢方を飲むより婦人科へGO

加齢にとともに心身に不調を感じるようになったら、それは女性ホルモンの崩れによるものかもしれません。

 

閉経に向け、女性の体にさまざまな不調が起きてきます。
これが更年期障害です。
この不調を取り除く方法として、漢方薬を利用する人が多いようです。
漢方薬は副作用も少なく安全性の高い薬です。
また子供から高齢者まで、どの世代にとっても有効性の高い薬で、更年期障害の改善にも効果を発揮するものが多数あります。

 

しかし、体質を改善させることを目的とするため、効果が目に見えて感じるまでに時間を要してしまうというデメリットがあります。
辛い症状はできるだけ早く取り除きたいと思いませんか。
更年期障害が起こるのは、女性ホルモンの減少によるものです。
ですから、減少した女性ホルモンを補うという単純な方法で更年期障害は改善されるのです。

 

加齢とともに心身に不調を感じるようになったら、まずは婦人科に行って、今の女性ホルモン値を調べてもらいましょう。
それが、改善への近道となります。